嵐から晴れへ  秋色の尾瀬 1 2006.10.7〜9 

スーラの点描画みたいな尾瀬の秋(10/9)

10/7

昨年の夏の尾瀬に続いて、秋の尾瀬へ。

大阪からの個人旅行だと、距離的にも金額的にも尾瀬は遠くて高い。東海道新幹線→上越or長野新幹線→JR在来線→路線バス→シャトルバス

東京駅では、都合よくついでのあった人工内耳の友だち2人がホームに会いにきてくれた。
夫を散髪に行かせておくんだったわ。

夫と2人旅はツアーと違って、何事にも融通がきいて(もっぱら私の写真撮りに合わせて)楽ではあるが、お昼ごはん抜きになったりはする。

台風崩れの低気圧のせいでお天気が危ぶまれたが、7日はともかく8日には回復するだろうと、快晴の大阪を出発した。

新幹線の中からは少し雲をかぶった富士山が見えた。

東京から北へ上がるにつれ、どんどんお天気が悪くなり、尾瀬の入り口の鳩待峠に着く頃には雨が降り出し、上下雨具を着こんで、ザックカバーもかけて、尾瀬ヶ原へ降りていく。

思ってもいなかったダケカンバの黄葉に一足早い秋がうれしくて、雨もそれほど気にならない。

鳩待峠(1591m)から尾瀬ヶ原の西端入り口の山の鼻(1400m)まで
階段や緩やかな木道を降りていく。
早足ひらりんも、雨で滑りそうな下りはゆっくりゆっくり歩いて、すぐに夫から離れてしまう。
それでも、やっぱり軽トレッキングシューズは歩きよい。

雨の中を歩きながらも、ルミックスを懐から出してはパチパチ。
山道の横に見事なヤマモミジの木があってパチリ。
3時には山の鼻小屋に到着した。
個室を用意してもらえるので、今年もここで。

夜、ロビーにあった写真集を見ていたら、似た写真があった。後ろの木が同じ。
私の目の付け所はさすが!って夫にえばる。

5時半に夕食を食べたら何もすることがない。
部屋にテレビもない、ケータイもつながらん。
雨はますますひどくなり、8時に寝てしまう。
明日は雨が止むように。暖房のない部屋が寒い。

(写真はkissデジN SIGMA18-125mmとLUMIX FX01混在)

ひらりんBOXトップへ 次へ

inserted by FC2 system